「米艦防護」昨年は計16件

 防衛省は27日、自衛隊が安全保障関連法に基づき米艦などを守る「武器等防護」を、平成30年は計16件行ったと発表した。武器等防護の実績公表は昨年に続き2回目で、29年は2件だった。

 防護対象の内訳は米艦が6件、米航空機が10件だった。任務別では、弾道ミサイルなどの情報収集・警戒監視中の防護が3件、米軍との共同訓練中の防護が13件だった。時期や場所などの詳細は明らかにしていない。