パキスタンが報復空爆 空中戦でインド軍機2機撃墜

 【ニューデリー=森浩】パキスタンは27日、パキスタン軍機がインドと領有権を争うカシミール地方の実効支配線(停戦ライン)を超え、インド側で空爆を行ったと発表した。インド軍の空爆への報復措置とみられる。合わせてパキスタン側はインド軍機2機を撃墜したと公表。インド側も反撃で1機を撃墜したと明らかにしており、両国の軍事的緊張が高まっている。

 パキスタン政府の発表やインド側の報道によると、空爆は同日朝、インドのジャム・カシミール州ナシェラで行われ、その後、パキスタン軍機と出動したインド軍機が空中戦となった。

 パキスタンはインド側への攻撃について、「人的損失や損害を回避しながら、非軍事目標を攻撃した」と発表。状況を激化させる意図はないことを強調した。撃墜したインド機から脱出したパイロット1人を拘束したことも発表した。

 インド外務省は会見で、パイロット1人が行方不明となったことを認めたが、被害の詳細は明らかにしなかった。

 両国は14日にインドの治安部隊員約40人が死亡した自爆テロを契機に対立が激化。インドは26日、パキスタン領内を空爆した。

会員限定記事会員サービス詳細