「筋肉は裏切らない」伝道師に 谷本道哉近大准教授(下)

 --セカンドオピニオン?

 谷本 これまで30冊以上本を出してきましたが、たいていは大学院時代の後輩、荒川裕志・国際武道大准教授(スポーツバイオメカニクス)にチェックしてもらっています。彼はすごく有能でクリティカルで、気になる部分は必要以上なくらい指摘してくれる(笑)。筋肉体操は彼にも内容の確認をしてもらいました。情報発信はそれだけ責任が重いことなので。

 --研究者として、目指しているところは何でしょうか

 谷本 恩師の石井直方先生の言葉ですが、「サイエンスは人を幸せにする」。科学には人を幸せにする力がある、だから魅力があるんだと。自分がいろいろ調べて研究したことを発信したことで、人生が変わる人がいたらいいですよね。特に今は筋トレブームなので、不適切な筋トレをして僕みたいにあちこち体を痛める人もいるかもしれない。そこに適切な情報を発信していけたら、その人に幸せな方向に行っていただくことができるかなと。

 --筋肉体操の第3弾はあるのでしょうか

 谷本 それは僕が決められることではないので、わかりません。でも、もし続きがあるなら僕の考えとしては色んな方向性の企画を作りたいですね。目指す最終ビジョンは、おじいちゃん、おばあちゃんがラジオ体操みたいにできる筋トレなんです。中高齢の方向けに毎日続けられるものから若者向けの本格的なもの、子供が足が速くなるためのトレーニングなんかがあってもいいと思います。

 --今後も「筋肉は裏切らない」という言葉を背負っていかれるのですね

 谷本 その言葉を言えるだけの研究と情報提供を続けなければいけませんね。これからも、「裏切らない」効果的で安全な方法を伝えていきたいと思います。

    ◇

 【プロフィル】谷本道哉(たにもと・みちや) 昭和47年11月、静岡市生まれ。大阪大工学部卒業後、大手建設コンサルタントに入社。27歳で退社し、東大大学院に入学した。卒業後は国立栄養研究所や順天堂大で博士研究員を務め、平成25年4月から近畿大生物理工学部准教授(筋生理学)。1男2女の父。