「筋肉は裏切らない」伝道師に 谷本道哉近大准教授(下)

 --憧れの先生の下での研究が始まったのですね

 谷本 楽しくて仕方なかったですね。研究室も筋トレができる体育館の2階にあったので、したいときは筋トレをして。石井先生ともよく一緒にやりました

 --大学院ではどのような研究を

 谷本 修士2年、博士3年で計5年。ネズミや人間を使って筋肉の元になる細胞を調べたり、筋肉の動きについて調べたり。研究を突き詰めるために筋トレも続けました。

 --大学院には仕事をしながら通ったのですか

 谷本 ゴールドジムは合格した後に辞めて、トレーナーの専門学校の非常勤講師と、クラブの用心棒をしていました。

 谷本 石井教授との出会いから、大きく人生が変わりましたね

 --人生どうするかを考えて行動したわけではなく、自分のしたいことをしてきただけですけどね。趣味でもある筋トレの研究をずっとやっていられるのは、幸せな立場かなと思います。

科学は人を幸せにする

 --「みんなで筋肉体操」出演者の中でも目を引く筋肉がついておられますが、現在、トレーニングはどのぐらいされていますか

 谷本 平日は1日20分、研究室の器具を使って短時間で集中してやり、週末はスポーツジムにも行きます。通勤は自転車。大学までの坂道はロードバイクの練習コースになっているくらい急なので、毎日自転車登山しているみたいなものですね。

 --食事にも気を使っているのですか

 谷本 魚・野菜多めの食事で、揚げ物はあまり摂りません。お酒もとらない。白米には麦を混ぜています。が、特に我慢したり節制したりという感覚はありません。

 --番組での先生のせりふからも、ストイックな姿勢がうかがえます

 谷本 好きで、自分がやりたいからやっているだけのことですけどね。ただ、情報発信の際には手柄のため、自分のためにやるのではなく、社会、人の役にたつためにやるべきというのは意識しています。トレーニングやダイエット関連の情報は、ビジネスとして関わる人は利益のためという要素も当然あると思いますが、体のことだからこそ、情報発信では「おかしなことはやっていはいけない」と強く思っています。だから、情報を出すときはいわゆるセカンドオピニオンもきっちりやっています