公明・山口代表、県民投票絶対得票率は「38%程度」 - 産経ニュース

速報

速報

渡名喜が決勝進出 「銀」以上が確定 柔道女子48キロ級

メインコンテンツ

公明・山口代表、県民投票絶対得票率は「38%程度」

投票締め切りと共に配布された地元紙の「反対多数」の号外を見る人たち=24日午後、那覇市(桐原正道撮影)
投票締め切りと共に配布された地元紙の「反対多数」の号外を見る人たち=24日午後、那覇市(桐原正道撮影)

 公明党の山口那津男代表は26日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を問う県民投票で「反対」が多数となったことについて「(得票総数を有権者総数で割った)絶対得票率は38%程度にとどまった。その他の思いがかなりあるという結果をありのままに受け止める」と述べた。

 同時に「普天間の危険性除去が20年来、改まらない状況は政府の責任として極めて重大だ。移設先の現実的な近道はどこかということを県民に理解してもらえるよう、政府として努力してほしい」と語った。