シカ害ないはずが…「ゆずの里」へ奈良・過疎の村の苦闘

シカ害ないはずが…「ゆずの里」へ奈良・過疎の村の苦闘
シカ害ないはずが…「ゆずの里」へ奈良・過疎の村の苦闘
その他の写真を見る (1/6枚)

 若者の流出に歯止めがかからず、人口減少率が全国でワースト5位にランクされる奈良県東吉野村。典型的な過疎の村が7年前、起死回生の一手として打ち出したのがユズの栽培だ。寒さに強いユズは育てやすく、シカの食害を受けにくい農作物として知られる。ところが、ふたを開けてみると、シカに葉を食べられるケースが相次ぎ、収穫量は当初の見込みを大幅に下回った。人口約1600人の村の約100世帯が参加したプロジェクト。「ゆずの里」へのシナリオには狂いが生じたが、村民はめげていない。(桑島浩任)

かつては林業で栄え…

 東吉野村は三重県と県境を接する奈良県中東部に位置する。高齢化率は50%以上。昭和35(1960)年ごろに1万人の大台に迫った人口は減少の一途をたどり、30年後には400人規模に減ると見込まれている。国立社会保障・人口問題研究所が昨年3月に発表した推計によると、人口減少率は74・8%と極めて高く、2045年には14歳以下の人口がわずか「10人」になるという予想がはじき出された。

 「林業が下火になるにつれて、村の活気も消えていった」。村民はこう口をそろえる。

 最高級の建築材として知られる吉野杉の産地として栄え、最盛期の昭和50年代には林業だけで年間20億円を超える売り上げがあった。だが、安い洋材の出現で村の林業は衰退。最盛期に約500人いた林業従事者は今、50人にも満たない。