ユーグレナ、デンソーと提携 バイオジェット燃料量産で - 産経ニュース

メインコンテンツ

ユーグレナ、デンソーと提携 バイオジェット燃料量産で

藻の抽出液が入ったフラスコを手にするユーグレナの出雲充社長(左)とデンソーの伊藤正彦専務役員=20日、東京都中央区のデンソー東京支社(松村信仁撮影)
藻の抽出液が入ったフラスコを手にするユーグレナの出雲充社長(左)とデンソーの伊藤正彦専務役員=20日、東京都中央区のデンソー東京支社(松村信仁撮影)

 バイオベンチャーのユーグレナと自動車部品大手のデンソーは20日、微細藻類事業で包括提携したと発表した。ユーグレナによる微細藻類のミドリムシに関する研究開発での知見と、デンソーの工業化技術とを組み合わせ、ユーグレナが開発を進めている植物由来のバイオジェット・ディーゼル燃料の実用化と早期普及を目指す。

 ユーグレナはミドリムシの大量培養技術を持ち、デンソーも油の蓄積能力が高い藻の大量培養技術の開発に取り組んでいる。両社の研究成果を持ち寄り、微細藻類の育種、培養に技術を補完し合い、天候に左右されない生産技術を確立させる。

 ユーグレナの出雲充社長は、同日の東京都内での記者会見で「平成37年までにバイオジェット燃料の1リットル当たりの精製単価を現在の1万円から100円にまで下げたい」と意気込みを見せた。デンソーの伊藤正彦専務役員は「具体的な事業に広げていきたい」と話した。