「おかあさんといっしょ」よしお兄さん、歴代最長の14年で卒業

「おかあさんといっしょ」の出演者交代発表会見に出席した(左から)秋元杏月さん、福尾誠さん、上原りささん、小林よしひささん=18日、東京・渋谷(南澤悦子撮影)
「おかあさんといっしょ」の出演者交代発表会見に出席した(左から)秋元杏月さん、福尾誠さん、上原りささん、小林よしひささん=18日、東京・渋谷(南澤悦子撮影)

 NHKは18日、幼児向け番組「おかあさんといっしょ」(Eテレ)の「体操のお兄さん」を務める小林よしひささんが、4月1日の放送回から、福尾誠さんに交代すると発表した。身体表現コーナー「パント!」の上原りささんも交代し、新たに「体操のお姉さん」として秋元杏月(あづき)さんが出演する。

 小林さんは平成17年、11代目体操のお兄さんとして登場。歴代最長の14年にわたって出演し、「ぱわわぷたいそう」「ブンバ・ボーン!」などの体操を担当。ダイナミックな体操に加え、多彩な「変顔」などで人気を博し、よしお兄さんの愛称で子供たちに親しまれた。

 上原さんは平成24年から「パント!」のお姉さんとして出演し、巧みなパントマイムやキレのあるダンスを披露した。

 12代目体操のお兄さんに就任する福尾さんは、小学生で体操競技を開始。選手として16年のキャリアがあり、現在は順天堂大学の体操競技部コーチを務める。

 初代体操のお姉さんとなる秋元さんは、6歳から新体操を始め、選手としては13年のキャリアをもつ。子供たちに新体操を教えた経験もあるという。

 4月からは体操コーナーも変わり、新たに「からだ☆ダンダン」が披露される。小林さんら4人は、3月29日放送の最後に出演。新旧のお兄さん・お姉さんとして、交代のあいさつを行う予定。

 歌を担当する花田ゆういちろうさんと小野あつこさん、着ぐるみ人形劇「ガラピコぷ~」のメンバーは、4月以降も引き続き出演する。