原発最前線

福島第1原発ルポ(上)2、3号機間の通路公開 跳ね上がる放射線量

【原発最前線】福島第1原発ルポ(上)2、3号機間の通路公開 跳ね上がる放射線量
【原発最前線】福島第1原発ルポ(上)2、3号機間の通路公開 跳ね上がる放射線量
その他の写真を見る (1/10枚)

 未曽有の原発事故から間もなく8年を迎えるのを前に、東京電力福島第1原発の構内が報道陣に公開された。炉心溶融(メルトダウン)を起こした1~3号機のうち、2、3号機の間の通路に防護服なしで行き来できるようになるなど着実に作業環境の改善は進んでおり、かつての戦場のような雰囲気は全くない。ただ、廃炉作業中の原子炉建屋に少しでも歩み寄れば急上昇する線量計の値が、今後の道のりの険しさを改めて実感させた。(福田涼太郎)

“四者四様”…まるでオブジェ

 現在はピーク時の半分以下の1日当たり約4千人の作業員が出入りする福島第1原発。構内を行き来する多くの作業員らは顔を露出しており、昨年4月に運行を始めたという自動運転の電気自動車が作業現場まで運んでいた。東電の広報担当者によると、現在は敷地内の96%のエリアが簡易マスクと一般作業服、または何も身につけずに立ち入ることができるという。

 最初に案内されたのは事故炉となった1~4号機を見渡せる高さ約35メートルの高台。それぞれの原子炉建屋まで100メートル程度の近さだが、手袋はおろかマスクの着用すら求められない。周辺の地面にモルタルを吹き付けたり、鉄板を敷いたりすることで放射性物質を押さえ込み、「舞い上がったダストを吸い込む可能性が減った」(広報担当者)として、昨年11月から装備の規制が緩和された。

会員限定記事会員サービス詳細