現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

北朝鮮の東京五輪「政治利用」懸念

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は昨年2月に韓国で開かれた平昌五輪を政治的に利用しようとする思惑を隠そうともしなかった。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮擁護に傾く中、2020年の東京五輪でも、北朝鮮が「南北統一」ムードをあおって韓国の取り込みを強めるため、日本との領土・歴史問題を持ち出す恐れは拭えない。五輪の政治利用を許さない日本の毅然とした措置が求められている。

日本政府は昨年11月、オリンピック関連の会合に出席する北朝鮮の金日国(キム・イルグク)体育相の入国を許可した。独自制裁で北朝鮮国籍保有者の入国を原則禁じているが、「特例」として認めた。

北朝鮮は平昌五輪の開会式や閉会式に合わせて国際社会が渡航禁止の制裁対象とする高官を次々訪韓させ、韓国が対話を受け入れるかを試す踏み絵とした。安倍晋三首相が拉致問題解決に向け、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との直接対話を探る中、北朝鮮が日本にも政治的判断が必要な選択肢を突き付け、揺さぶりを掛ける事態も想定される。

ランキング

  1. 米、対艦ミサイル供与検討 黒海封鎖突破狙う

  2. 韓国、親中・親北から日米韓協力へ 反発依然強く

  3. 仏新内閣発表 外相に駐英大使

  4. 【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】冷戦期の緊張に回帰か、北の核恫喝に韓国の拡大抑止強化

  5. 露、フィンランドへのガス21日に停止 NATO申請で報復か

  6. 露軍兵 初の「戦争犯罪」裁判 検察が終身刑求刑

  7. バイデン氏「日韓和解の使者」の役割目指す

  8. 北朝鮮の玄哲海氏が死去 国防省総顧問

  9. ロシア、新たに13万人を徴兵 数カ月で前線に派遣か

  10. 中国の王毅外相、日本に「火中の栗を拾うな」と警告 日米を牽制

会員限定記事