「キャッチャー矢野」が沖縄キャンプで実現 阪神矢野耀大監督がブルペン捕手を代役 

「キャッチャー矢野」が沖縄キャンプで実現 阪神矢野耀大監督がブルペン捕手を代役 
「キャッチャー矢野」が沖縄キャンプで実現 阪神矢野耀大監督がブルペン捕手を代役 
その他の写真を見る (1/5枚)

 プロ野球阪神の矢野耀大監督が沖縄キャンプ第2クール2日目の6日、ブルペン捕手を務めた。その場でとった予定外の行動で、観客やファンらに、久々に「キャッチャー矢野」の雄姿を見せた。

 昨季2軍監督時代のまな弟子で2年目の右腕・馬場皐輔がブルペンで投球フォームを撮影しながら投げる際、おもむろにキャッチャーミットを手に立ったまま投球を捕球した。「久しぶり。ブルペン捕手がいなかったからやった。手が痛いし、怖い。老眼で見えないし」と、照れ隠しの言い回しで感想を口にした。

 馬場の力強い直球を受ける際には「よっしゃ、いい球を投げた!」と自然と笑みがこぼれた。その後は投球映像を確認しながら、フォームについてアドバイス。馬場は「集中して投げられた」と語った。

 選手と同じ目線に立って対話を重視し、可能性を引き出すという指導論を実践する一幕になった。矢野監督は「選手には、積極的にどんどん自己アピールをしてほしい」とさらなる意欲を高めた様子だった。

会員限定記事会員サービス詳細