浪速風

博物館だったアテネの地下鉄駅 大阪メトロも改装するなら

2004年のアテネ五輪では、よく地下鉄で街ダネの取材に出かけた。中心部のシンタグマ広場の最寄り駅は、壁一面に古代の生活の跡が残る地層がむきだしで、土器などの出土品も数多く展示されていた。建設の際に発掘されたそうだ。駅全体が古代ギリシャ文明の博物館のようだった。

▶外国人旅行者も利用する地下鉄の駅は、都市の顔である。大阪メトロが昨年12月に発表した御堂筋線9駅、中央線6駅の改装案に、1万9500人もの反対署名が集まったという。とくに心斎橋駅の、織物で包まれたイメージの「テキスタイル」という新デザインは、安っぽい壁紙を張ったようで、小欄も賛成できない。

▶現在はアーチ状の高い天井に、蛍光灯を逆円錐形に並べたシャンデリアのような照明が歴史を感じさせる。開業当時に「●(=歌記号)水の都の地の底までも(略)拓く軌道は浪花のほこり」(「大大阪地下鉄行進曲」から)と歌われた姿は、安直には変えてほしくない。