環境省が那須・除染土を埋め戻し実証事業で線量測定を公開

環境省が那須・除染土を埋め戻し実証事業で線量測定を公開
環境省が那須・除染土を埋め戻し実証事業で線量測定を公開
その他の写真を見る (1/2枚)

 福島第1原発事故に伴う除染作業で生じた土を埋め戻して安全性を検証する実証事業で、環境省は29日、栃木県那須町の町有地で空間線量率の測定を公開した。

 同町での実証事業は昨年10~12月に実施。埋められていた除染土約350立方メートルをいったん取り出し、掘り出された場所に埋め立てスペース(縦16メートル、横25.4メートル、深さ2.3メートル)を造成。遮水シートを敷いて除染土を埋め戻した。環境省は地上1メートルの空間線量率、大気中や浸透水中の放射性物質濃度を測定している。

 公開測定は、住民の要望を踏まえて実施され、14人が参加。日本原子力研究開発機構(JAEA)の職員が立ち会い、埋め立てスペース上の2カ所で空間線量率を測定。参加者に公開した。

 これまでの測定では、大気中と浸透水中の放射性物質濃度は検出できる数値を下回っている。空間線量率は事業前と比べ、大きな変化はない。

 栃木県那須塩原市の男性(80)は「自分で自宅の土を除染して埋め、汚染されていない土をかぶせると外部に影響がないことは分かっていた」と話した。

 環境省は、データを基に除染土を埋める際のガイドラインを策定する方針だ。

会員限定記事会員サービス詳細