堂平山の火災 3日ぶり鎮火 埼玉

 県は27日、ときがわ町などにまたがる堂平山で23日に発生した山林火災について、26日午前10時20分に鎮火を確認したと発表した。3日ぶりに鎮火したが、約6ヘクタールを焼失した。人や家屋への被害は確認されていないという。

 県によると、火災の消火活動には、いずれも延べ数で地元の消防隊員ら600人弱、消防車両42台、県や自衛隊などのヘリコプター19機が出動した。24日に火の勢いを弱めた「鎮圧」状態になっていたが、警戒を続けた結果、再燃の可能性がないと判断した。出火原因は28日以降、地元消防が調査を始める。