自民・甘利選対委員長「自公が結束すると大きな力」 山梨知事選

山梨県知事選で自民党が推薦した元衆院議員の長崎幸太郎氏の当選確実との一報を受け、記者団の質問に答える二階俊博幹事長(左)と甘利明選対委員長(右)=27日午後、東京・永田町の自民党本部(長嶋雅子撮影)
山梨県知事選で自民党が推薦した元衆院議員の長崎幸太郎氏の当選確実との一報を受け、記者団の質問に答える二階俊博幹事長(左)と甘利明選対委員長(右)=27日午後、東京・永田町の自民党本部(長嶋雅子撮影)

 自民党の甘利明選対委員長は27日夜、山梨県知事選で党が推薦した新人の長崎幸太郎氏が当選したことを受け「自民党の中が固まり、自民党と公明党が寸分の狂いなく結束するとこれだけ大きな力になる」と述べ、自公の勝利だと強調した。党本部で記者団に語った。

 4月の統一地方選や夏の参院選が控えていることを踏まえ「選挙を迎える各地の候補者や応援する勢力は(山梨県知事選の結果を)心に刻んで戦いに備えていただきたい」とも語った。

 山梨県では、二階俊博幹事長率いる二階派(志帥会)出身の長崎氏と岸田派(宏池会)の堀内詔子衆院議員が衆院選で熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げてきた。甘利氏は昨年11月、長崎氏と堀内氏の会談を仲介するなど2人の和解に腐心した。

会員限定記事会員サービス詳細