立民選対委員長「惜敗に心からお詫び」 山梨知事選

 立憲民主党の長妻昭選対委員長は27日夜、山梨県知事選で推薦した現職の後藤斎(ひとし)氏が敗北したのを受け、「県民の皆さんのご支援に心から感謝するとともに、惜敗の結果に心からお詫びを申し上げる」との談話を発表した。

 談話では、28日召集の通常国会で「政府・自民党に懸命に立ち向かい、統一地方選・参院選で政治の大きな流れを転換するべく、全力をあげていく決意である」とも強調した。

会員限定記事会員サービス詳細