初当選の長崎氏「大同団結の結果」 山梨知事選

初当選を決め、万歳する長崎幸太郎氏(中央)=27日夜、山梨県昭和町(松田宗弘撮影)
初当選を決め、万歳する長崎幸太郎氏(中央)=27日夜、山梨県昭和町(松田宗弘撮影)

 任期満了に伴う山梨県知事選が27日投開票され、初当選を確実にした無所属新人の元衆院議員、長崎幸太郎氏(50)=自民、公明推薦=は同日夜、同県昭和町のホールで、集まった支持者に「大勢のみなさまが問題意識を共有し、停滞した山梨の現状を前進させねばならないとの思いで大同団結した結果だ」と勝利を報告した。

 長崎氏は、自民党の県選出国会議員や県議らと壇上に立ち、満面の笑みで万歳。「すべての県民に感謝を申し上げます」と喜び、深々と頭を下げた。

 長崎氏は、再選を目指した無所属現職の後藤斎氏(61)と、いずれも無所属の新人で、共産党県委員長の花田仁氏(57)=共産推薦、元参院議員の米長晴信氏(53)を破った。

会員限定記事会員サービス詳細