山梨知事選敗北「県民の思い結集できず」 国民民主選対委員長

 国民民主党の岸本周平選対委員長は27日夜、山梨県知事選で推薦した現職の後藤斎(ひとし)氏(61)が敗北したのを受け、「全力で支援を行ったが、県民の思いを結集できなかったことは無念でならない」との談話を発表した。

 談話では「今回の選挙は中央とのパイプで地方を統治することよりも、県民による地方の自治を望む声が依然として広範に存在することが示されたものと受け止める」とも強調した。

会員限定記事会員サービス詳細