皇室ウイークリー

(575)両陛下、平成最後の大相撲へ 横須賀では戦没船員らご追悼

【皇室ウイークリー】(575)両陛下、平成最後の大相撲へ 横須賀では戦没船員らご追悼
【皇室ウイークリー】(575)両陛下、平成最後の大相撲へ 横須賀では戦没船員らご追悼
その他の写真を見る (1/18枚)

 天皇、皇后両陛下は18日、皇居・宮殿で、平成30年度の農林水産祭で天皇杯を受賞した水産、畜産など7部門の団体・個人の代表者と面会し、経営上の苦労話などに耳を傾けられた。

 天皇陛下は冒頭、「皆さんの業績が農林水産業に携わる人々の励ましになることを期待しています」とごあいさつ。受賞者の業績を紹介したパネルや生産品、加工品などを順番に見て回られた。

 イワシの削り節を製造・販売する静岡市の水産加工会社の男性が原料にカタクチイワシを使っていることに言及すると、陛下はかつて静岡県沼津市でカタクチイワシを餌にシイラを釣った思い出話をご披露。「たくさんあると思っていたら、少なくなっているんですね」と資源の減少を気にかけられた。

 京都市で九条ネギに特化した栽培に乗り出し、加工・販売する男性は、ネギを粉末状にした商品について説明。皇后さまは「ネギの香り」と笑顔を浮かべられ、陛下は「新しい発明になるんですね」と関心を示された。

会員限定記事会員サービス詳細