ニュースの深層

外国人への情報伝達のカギ「やさしい日本語」広がる 社会部 植木裕香子 

 在日外国人への情報伝達手段として、案内版などの文言を平易な表現にする動きが目立っている。自治体が発信する暮らしの情報や観光情報、住民らとのコミュニケーションに利用される例もある。外国人労働者の受け入れ拡大を目指す改正出入国管理法が4月に施行され、来年には東京五輪・パラリンピックを控える日本。世界各地から訪れる外国人が急増し、多言語での対応が迫られるなか、「やさしい日本語」の重要性が高まっている。

敬語使わず

 「『電車が運転を見合わせています』をやさしい日本語で書いてください」。昨年12月に東京都港区で開かれた、災害時に外国人の避難誘導にあたるボランティアを対象とした研修会。講師の一橋大国際教育交流センター、●(=木へんに却の去がタ)田直美准教授(39)が参加者に呼びかけた。

 参加したグループの一つは、議論の結果、「電車はいま動いていません。しばらくおまちください」と記した。どう表現するか苦戦するグループもあり、●(=木へんに却の去がタ)田准教授は(1)短文・単文にする(2)敬語は使わない(3)やさしい言葉に変換する-などのポイントも指導した。

 参加した大窪彬弘(おおくぼあきひろ)さん(73)は「敬語を使って詳しく説明するのが礼儀だと思ったが、実はそれが外国人には分かりにくい印象を与えることを知り、新鮮だった」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細