センター試験で不正行為4件、スマホ検索も - 産経ニュース

メインコンテンツ

センター試験で不正行為4件、スマホ検索も

 大学入試センターは20日夜、スマートフォンを使って用語を調べるなどの不正が2日間で計4件あったとし、関わった4人を全科目受験無効処分にしたと発表した。4人とも不正行為を認めているという。

 不正行為の内訳は、スマホ使用2件▽定規使用1件▽試験終了後のマークシート記入1件。センターによると、このうち宮城県の会場では20日、理科(2)の試験中に1人がスマホを使い、インターネットで用語を検索していた。三重県の会場でも理科(2)で1人がスマホの計算機能を使っていた。