iRONNA発

平成30年史 日本人の意識はどう変わったか 呉智英氏

 ただ、これほどの大災害にもかかわらず、日本国民は冷静に対応して世界から称賛され、ボランティアなどの支援活動は現在も継続している。「国民意識」が健全な形で定着していたことが、期せずして明らかになったと言えよう。

【プロフィル】呉智英(くれ・ともふさ) 評論家。昭和21年、名古屋市生まれ。早稲田大法学部卒業後、評論活動を始める。特にマンガ評論で知られ、平成17~25年まで日本マンガ学会会長を務め、現在は理事。著書に『現代人の論語』『つぎはぎ仏教入門』『吉本隆明という「共同幻想」』など多数。最新刊は『日本衆愚社会』。

 iRONNAは、産経新聞と複数の出版社が提携し 、雑誌記事や評論家らの論考、著名ブロガーの記事な どを集めた本格派オピニオンサイトです。各媒体の名 物編集長らが参加し、タブーを恐れない鋭い視点の特 集テーマを日替わりで掲載。ぜひ、「いろんな」で検 索してください。

会員限定記事会員サービス詳細