富田林逃走事件の樋田被告、ひったくり容疑で再逮捕

 大阪府警富田林署から逃走した無職、樋田(ひだ)淳也被告(31)=加重逃走罪などで起訴=について、府警捜査3課は15日、逃走前の昨年5月に大阪市内で自転車の女性2人からかばんをひったくったとして、窃盗容疑で再逮捕した。同課によると、「黙秘します」と供述している。

 逮捕容疑は昨年5月24日夜、同市平野区と東住吉区の路上で、自転車に乗った20代の女性2人から、バイクで追い抜きざまに財布などが入ったかばんをそれぞれひったくったとしている。

 捜査3課によると、被害品の一部が樋田容疑者の関係先から発見されたという。同課は、ほかにも十数件のひったくり事件に関与した疑いがあるとみて、平野署に捜査本部を設置し詳しく調べる。

 樋田容疑者は昨年5月25日に盗品等保管容疑で逮捕され、8月12日に勾留先の富田林署から逃走。9月29日に山口県周南市で身柄を確保された。