春高バレー

「選手は落ち着いていた」 下北沢成徳がストレートで鎮西下す

【春高バレー】「選手は落ち着いていた」 下北沢成徳がストレートで鎮西下す
【春高バレー】「選手は落ち着いていた」 下北沢成徳がストレートで鎮西下す
その他の写真を見る (1/2枚)

 3回戦で佐賀清和(佐賀)をストレートで下し、鎮西(熊本)との準々決勝に駒を進めた下北沢成徳。

 第1セットは開始早々4連続得点でリードを奪うと勢いに乗り、宮地が攻守で活躍。野呂との2枚ブロックで堅い守備を見せると、攻めては180センチの長身から繰り出す、高さのあるスパイクで確実に得点を重ねる。鎮西は速攻など多彩な攻撃で応戦するが、リベロ依田が瞬時に反応して攻撃につなげ、25-10と大きく差をつけてセットを先取。

 第2セットは序盤から、ブロックでプレッシャーをかけて相手のミスを誘い先行するが、後がない鎮西が粘り強く食らいつき、5-4と1点差に詰め寄られる。「マークされて得点できなかった」と狙われた石川主将に代わり、大崎、仁井田、宮地が相手の隙を狙う落ち着いた攻撃で点を重ね、25-14と快勝。ベスト4進出を決めた。

 ○下北沢成徳・小川良樹監督

 「選手は終始落ち着いていて、安定したゲームができた。この先苦しい戦いになると思うが、我慢できるかどうかが鍵になる」

 ○下北沢成徳・石川真佑(まゆ)主将

 「注目されていることが重圧にならないように頑張りたい。次の相手はテンポが速いが、自分たちのリズムで戦いたい」

会員限定記事会員サービス詳細