【明治の50冊】(40)岡倉天心『茶の本』 平和の精神と輝く気概(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

明治の50冊

(40)岡倉天心『茶の本』 平和の精神と輝く気概

【明治の50冊】(40)岡倉天心『茶の本』 平和の精神と輝く気概
【明治の50冊】(40)岡倉天心『茶の本』 平和の精神と輝く気概
その他の写真を見る (1/2枚)

 2016年、世界の名作が採用される英国のペンギン・ブックス双書に『茶の本』は加えられた。欧米においても、いまなおその価値が失われていない証しだろう。本書は米国ボストン美術館中国・日本美術部長を務めていた岡倉天心が英語で執筆し、1906(明治39)年、ニューヨークの出版社から『The Book of Tea』として刊行された。邦訳は29(昭和4)年。岩波文庫の一冊として刊行され、これまでの発行部数は118刷56万部に達している。堂々たるロングセラーだ。

 19世紀中葉以降、欧州ではジャポニスム(日本趣味)が流行した。日本から流出した浮世絵や1867年に開催されたパリ万博に日本政府が出品した美術工芸品がきっかけだった。20世紀初頭になると、日本は大国ロシアを打ち負かし、列強の一角に名を連ねるようになる。日本人はどんな文化を持った民族なのか、欧米の知識人は日本への関心を高めていった。そんな折に登場した本書は、時間をおかずスウェーデン、ドイツ、フランス、スペインなどでも翻訳された。

 大日本茶道学会会長で、本書を翻訳解説した『岡倉天心「茶の本」をよむ』(講談社学術文庫)の著者である田中仙堂(せんどう)さんは「日本には、欧米人とは違っても、日本人なりの生き方の原則があるのだと主張していることに意義がある」と解説する。

 天心は本書において、茶道を道教~禅の流れの中に位置づけ、日本人の美意識は茶道を核に形成されてきたと説く。茶道、さらには茶道から派生した華道を語りながら自然と融合した日本文化、日本人の生き方の本質に迫ってゆく。それだけではない。返す刀で、物質主義に陥った欧米の人々に反省すら迫るのだ。

 《物々交換の精神がいたるところにはびこっている。名誉だの貞節だのといって、善と真実を切り売りして得意になっている売り子を見よ。人はいわゆる宗教ですら買う》

 「天心の英語力と欧米の知識人と対等に渡り合える教養には舌を巻いてしまいます。そして、相手の文化背景を踏まえ、かつ相手の論理で説明する天心の方法は、現代の私たちにも学ぶところが多い。ただ、相手の論理に立つといっても、天心の場合は相手にこびることではありません」と田中さんは強調する。