囲碁最年少プロの仲邑さん、家にテレビなし、AI活用

 張栩名人「昨年12月13日に対局した。9歳でこの力は衝撃的だった。碁の内容に才能を感じ、必ず世界で戦える棋士と強く思った。少しでも早くプロの世界に入れることが重要だと感じた。勉強環境もよくなるので。十分な力があり、プロになるのは時間の問題だった」

 仲邑菫さん「これからよろしくお願いします。がんばります」

 父の仲邑信也九段「これほど早くプロになれるとは思っていなかった。先生方、応援してくださった方々のおかげ。関西棋院の先生方に教えてもらったことに感謝。まだまだ未熟だが、指導を続けていただければ」

 --試験碁の内容はどうだったか

 張名人「最初は先(せん)で-と言われたが、ボクがコミ6目半払いたいと。(記録係の)小林副理事長から逆コミ5目半で打ちましょうと提案された。結果は盤面6目、形ではボクが半目勝ちですが、持碁(じご=引き分け)にしましょうと。最後の最後まで、1手で勝負が変わる難しい対局だった。非常に落ち着いている。見た目とのギャップ、小さい子供とは思えない。難しい局面でも高い対応力があり、勝負強さも感じた。早い段階でハンデ分は追いつき、ゆるめるつもりはなかったが、終盤のレベルは高かった。恐ろしかった」