原発最前線

昨年は迷走、「停滞」目立つ福島第1原発の廃炉 

 東京電力福島第1原発の廃炉をめぐり、平成30年は「停滞」が目立つ年となった。秋に予定されていた3号機の使用済み燃料取り出し開始はトラブル続きで延期され、年内の結論が期待されたトリチウム水の処分方法決定は、国の小委員会の議論迷走でめども立たなかった。どちらも「第1原発のリスクを減らす」という命題に逆行し、廃炉の行く手に影を落としている。(社会部編集委員 鵜野光博)

品質管理で“落第”

 「品質管理体制を、足下から整え直したい」

 東電の廃炉・汚染水対策責任者を務める小野明氏(福島第1廃炉カンパニープレジデント)は30年12月27日の会見で、翌年の課題を問われ、こう述べた。メーカーにとって基本中の基本を「重要課題」として挙げなければならないほど3号機をめぐるトラブルは多く、しかも初歩的なものが目立った。

 3号機の燃料プールでは566体の燃料が冷却中。取り出しの目的は、23年の水素爆発で損傷した原子炉建屋から燃料を構内プールに移すことで、リスクを低減することにある。

 国と東電が策定した廃炉作業の中長期ロードマップでは取り出し開始は30年度半ばとされ、30年3月中旬から機器の試運転を始めたが、まず電圧の設定ミスで制御盤が焦げてストップ。雨水によるケーブルの腐食で燃料取り扱い機が停止したり、多くのケーブルで抵抗値の異常が確認されたりと問題が続発し、9月に取り出し延期を決定した。

会員限定記事会員サービス詳細