稲垣吾郎「半世界」 重なる、幼なじみとの友情

【あらすじ】ある地方都市。炭焼き職人の紘(こう)(稲垣吾郎)は、久しぶりに帰省した仲良しの瑛介(長谷川博己)、近所に住む光彦(渋川清彦)を誘い、同級生3人で酒を飲む。仕事に明け暮れていた紘は、2人から家族への無関心が過ぎると指摘され、家族と真剣に向き合おうと決意。だが反抗期を迎えた中学生の息子への対応に悩む。

会員限定記事会員サービス詳細