安倍晋三首相×バイオリニスト・五嶋龍氏新春対談(2)首脳同士の信頼関係醸成にはコツが…

 櫻井 私は日本というこの素晴らしい国があらゆる面で自立した国になるよう、頑張ろうと思っています。今日は本当にありがとうございました。

 五嶋 ありがとうございました。

 首相 どうもありがとうございました。

 【プロフィル】安倍晋三

 あべ・しんぞう 昭和29年9月生まれ。成蹊大卒業後、神戸製鋼所に勤務。外相秘書官などを経て平成5年に衆院議員に初当選し、現在9期目(山口4区)。拉致問題や歴史教育問題に精力的に取り組み、自民党幹事長、官房長官などを歴任。18年に第90代首相に就任したが、病に倒れ退陣。その後、自民党総裁に返り咲き、24年暮れの衆院選後に第2次安倍政権を発足させた。在職日数は通算2564日(1月1日現在)で戦後3位、歴代5位。祖父は岸信介元首相、父は安倍晋太郎元外相。

 【プロフィル】五嶋龍

 ごとう・りゅう バイオリニスト。昭和63年NY生まれ、ハーバード大卒業。7歳でPMFデビュー。以来、著名オーケストラ、指揮者と共演。JR東のイメージボーイ、「五嶋龍のオデッセイ」「題名のない音楽会」などに出演。平成29、30年にはプロジェクトR(リメンバー・拉致・龍)を企画し、6公演を行う。6月は広上淳一指揮の京都市交響楽団、12月にゲルギエフ指揮マリインスキー管弦楽団との共演を控え、外務省派遣の音楽文化交流にも余念がない。日本音楽財団貸与のストラディヴァリウス「ジュピター」1722年製使用。