アマゾンの「あわせ買い」、対象拡大で雑誌に波紋

 出版関係者が気をもむのが、将来的に「あわせ買い」の対象が一般の書籍まで拡大するかどうかだ。アマゾンは、書籍が対象に含まれる可能性について、「何も決定しておりません」(出版社宛ての通知)としているが、出版社の売り上げを支える文庫本などが対象となることを警戒する声は少なくない。

 「そもそも雑誌の中でネット書店で購入される割合が比較的高いのはバックナンバー(古い号)。最新号を買いたい場合、ほかのネット書店に行けば1冊から買える。今回の『あわせ買い』対象の拡大は、出版社にとってそれほど大きな打撃にはならないのでは」

 出版業界に詳しいジャーナリストの山田順さんはそう話した上で懸念も示す。

 「物流コストの上昇を見れば、アマゾン側が次の段階として『あわせ買い』対象を書籍に広げることは十分あり得る。出版社は、紙の書籍と雑誌の流通体制を今後どのように維持していくか、を真剣に考え直す時期にきている」

会員限定記事会員サービス詳細