バドミントン・奥原希望がプロ転向「東京に全て注ぐ」 太陽HDと所属契約 - 産経ニュース

メインコンテンツ

バドミントン・奥原希望がプロ転向「東京に全て注ぐ」 太陽HDと所属契約

バドミントン・奥原希望がプロ転向「東京に全て注ぐ」 太陽HDと所属契約
バドミントン・奥原希望がプロ転向「東京に全て注ぐ」 太陽HDと所属契約
その他の写真を見る (1/2枚)

 バドミントン女子シングルスで2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(23)が27日、東京都内で記者会見し、来年1月からのプロ転向を表明した。化学メーカー「太陽ホールディングス(HD)」と所属契約を結ぶことも発表し、「不安もあるが、東京五輪へ向けてやることは変わらない。責任と決意を新たに、私らしく全力で頑張りたい」と意気込みを語った。

 奥原は5日、6年間所属した日本ユニシスを今月末で退社し個人活動に専念することを発表していた。会見では代表活動が年間250日を超える中、国内大会にも出場することは度重なる故障をしてきた自身にとって「とてもリスクがある」と説明。休息や練習時間もままならず「コンディションを維持するのが精いっぱいだった」と明かし、「全てを東京五輪に注ぎたいという思いの中、どうしたら最善の準備ができるか考えた答えがプロ転向だった」と目に涙を浮かべながら話した。

 所属契約は20年末までで、リオ五輪でも指導を受けたNTT東日本の佐藤翔治氏とコーチ契約を結ぶ。代表活動以外はパラバドミントンの練習施設でもあるヒューリック西葛西体育館を拠点とする。