科目別正答率にばらつき 難易度調整に課題も 大学プレテスト結果速報

11月10日、「大学入学共通テスト」のリハーサルで、テストに臨む高校生=東京都杉並区の明治大学和泉キャンパス(桐原正道撮影)
11月10日、「大学入学共通テスト」のリハーサルで、テストに臨む高校生=東京都杉並区の明治大学和泉キャンパス(桐原正道撮影)

 大学入試センターは27日、平成32(2020)年度から導入される大学入学共通テストに向けて11月に実施した試行調査(プレテスト)のうちマークシート式問題の結果速報を公表した。センターでは、平均正答率が5割程度になるよう問題を作成したが、生物などの正答率が3割台だった一方、地理Bが6割に達するなど科目によって差があり、難易度調整に課題を残す形となった。

 プレテストは11月10、11日に行われ、高校2、3年生の計6万8409人が参加した。センターによると、科目別の平均正答率が低かったのは生物32.63%、数学I・A34.54%、物理38.86%-など。高かったのは地理B60.02%、世界史B59.24%、英語のリスニング59.09%-など。センターが目標とする5割程度(45%以上)を超えたのは19科目中14科目だった。

 科目によって正答率に差がでたことについて、センターの大杉住子審議役は「理数系の得点が伸び悩んだ。とくに数学では日常生活を題材にした問題解決能力が試されたが、読み解かなければならない情報量が多く、さばき切れなかったようだ」と分析している。

 一方、今回の参加者には高校2年生も多く、本番では点数が大きく伸びることが予想される。このためセンターでは今後、各科目ごとの課題を詳細に検証。来年3月末までに記述式問題の結果も分析して公表し、最終報告をまとめることにしている。

入試関連ニュース

入試コラム

【2023年度入試速報実施予定大学】国公立大学

私立大へ
  • 東京大学試験後順次公開
  • 京都大学試験後順次公開
  • 名古屋大学試験後順次公開
  • 広島大学試験後順次公開
  • 九州大学試験後順次公開
  • 北海道大学試験後順次公開
  • 東北大学試験後順次公開
  • 筑波大学試験後順次公開
  • 千葉大学試験後順次公開
  • 東京医科歯科大学試験後順次公開
  • 東京工業大学試験後順次公開
  • 一橋大学試験後順次公開
  • 浜松医科大学試験後順次公開
  • 岐阜大学試験後順次公開
  • 大阪大学試験後順次公開
  • 神戸大学試験後順次公開
  • 大阪公立大学試験後順次公開

【2023年度入試】私立大学

国公立へ

同志社大学

立命館大学

関西大学

関西学院大学

早稲田大学

  • 文学部試験後順次公開
  • 文化構想学部試験後順次公開
  • 教育学部試験後順次公開
  • 社会科学部試験後順次公開
  • 法学部試験後順次公開
  • 政治経済学部試験後順次公開
  • 商学部試験後順次公開
  • 基幹理工、創造理工、先進理工学部試験後順次公開

慶應義塾大学

  • 文学部試験後順次公開
  • 法学部試験後順次公開
  • 総合政策学部試験後順次公開
  • 経済学部試験後順次公開
  • 商学部試験後順次公開
  • 理工学部試験後順次公開
  • 医学部試験後順次公開
  • 薬学部試験後順次公開
  • 環境情報学部試験後順次公開