「先進地」でも戸惑い 外国人の暮らし支える人材確保に悩み

 【用語説明】外国人労働者受け入れ拡大 少子高齢化などを背景とした人手不足に対処するため、出入国管理法を改正し、在留資格「特定技能1号」「同2号」を新設した。一定の技能が必要な業務に就く1号は在留期限が通算5年で家族帯同を認めない。熟練技能が必要な業務に就く2号は期限が更新でき、永住に道が開ける。配偶者と子供の帯同も可能。資格は日常会話に支障がない程度の日本語能力が条件で、各業種を所管する省庁の技能試験を経て取得するが、当面は技能実習生からの無試験での移行が大半と見込まれている。

会員限定記事会員サービス詳細