草津市、動画で「ビワイチ」PR 元「乃木坂46」永島聖羅さん起用

草津市、動画で「ビワイチ」PR 元「乃木坂46」永島聖羅さん起用
草津市、動画で「ビワイチ」PR 元「乃木坂46」永島聖羅さん起用
その他の写真を見る (1/2枚)

 草津市は25日から、人気アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバー、永島聖羅さんを起用した琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」のPR動画を市のHPで公開する。動画には橋川渉市長が登場して「群馬の草津じゃないよ」など自虐ネタを披露する場面もあり、話題を集めそうだ。

 動画は草津市観光物産協会が約350万円をかけて制作。市民ら約100人がエキストラで参加した。

 悪魔の魔法にかかった草津市民が市内の路上などで踊り狂う中、救世主として現れた永島さんが自転車で市内を巡りながら魔法を解いていくという設定で、緊急対策本部会議のシーンには橋川市長や市職員、市のマスコットキャラクター「たび丸」も登場する。

 動画の撮影にあたり、草津宿本陣など市内の名所をロケ地に使った。ビワイチのスポーツの要素を抑え、若者らを中心に自転車観光の魅力を発信するのが狙いという。25日に公開するのは約1分のバージョンで、3~4分のバージョンと約10分のバージョンはそれぞれ、来年1月中旬以降に順次公開する予定だ。

会員限定記事会員サービス詳細