ゴーン容疑者再逮捕「日本検察の執念深さ証明」独報道

カルロス・ゴーン容疑者=東京都港区(福島範和撮影)
カルロス・ゴーン容疑者=東京都港区(福島範和撮影)

 【ベルリン=宮下日出男】日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の3回目の逮捕について、ドイツのDPA通信は21日、東京地裁が20日に勾留延長を認めない「異例」の決定を下し、保釈の可能性が高かまっていたと伝えた上、「日本の検察は執念深いことで知られるが、それが証明された」と報じた。一方、ゴーン容疑者に対しては「クリスマス前の保釈という希望は消え去った」とした。

会員限定記事会員サービス詳細