健康カフェ

(143)禁煙 報酬で成功率がアップ

 一般的に、喫煙者は非喫煙者に比べ欠勤が多く、また喫煙により病気になりやすいため治療や休業に対するコストもかかります。そのため、従業員が禁煙することは経営者にも価値あることで、会社が禁煙プログラムや報酬を用意することは理にかなっているといえます。禁煙したい従業員にとっても、医療機関に行く必要がなく、職場で禁煙のトレーニングを受けられ、成功報酬もあるならば続けやすくなるでしょう。ただし、実際に行う場合は、非喫煙者の従業員への配慮が必要かもしれません。(しもじま内科クリニック院長 下島和弥)

会員限定記事会員サービス詳細