菅義偉官房長官、文大統領を牽制 徴用工判決「尊重」発言で - 産経ニュース

メインコンテンツ

菅義偉官房長官、文大統領を牽制 徴用工判決「尊重」発言で

会見に臨む菅義偉官房長官=14日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=14日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は14日の記者会見で、韓国の文(ムン)在寅(ジェイン)大統領が、いわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の確定判決をめぐり、「司法の判決は三権分立の中で尊重しなければならない」などと発言したことについて「韓国政府に対し(判決による)国際法違反の状態を是正することを含め、適切な措置を講じることを強く求めているところだ」と述べ、文氏を牽制(けんせい)した。

 菅氏は同時に「現時点で具体的にどのような対応を講じるか見極めているところで、その過程における大統領の発言一つ一つにコメントすることは控えたい」とも語った。

 その上で「日韓関係は非常に厳しい状況にあるが、政府としてはわが国の一貫した立場に基づき、韓国政府に適切な対応を強く求める」と強調した。

 文氏の発言は、超党派の日韓議員連盟の額賀(ぬかが)福志郎会長(自民)とソウルの青瓦台(大統領府)での会談で出た。