現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

経済インサイド

画期的な従量課金制で「自分だけの映画館」

【経済インサイド】画期的な従量課金制で「自分だけの映画館」
【経済インサイド】画期的な従量課金制で「自分だけの映画館」
その他の写真を見る (1/5枚)

ネットフリックスなどストリーミング動画サービスの普及で、個人が映画を気軽に観賞する機会が増えている。その一方で複数の映画愛好家が1カ所で観て、同じ空間で感動を共有する魅力も捨てがたいものがある。しかし上映会を開くことは容易ではない。作品の配給権を持つ会社を探し出して上映権を取得し、会場や設備を用意しなければならない。思うように入場者が集められないと赤字を抱えてしまう。ポップコーンシアター(東京都江東区)は映画上映のプラットフォームとして、権利処理されている作品を初期費用ゼロで、入場者1人当たりの手数料のみでストリーミング配信するサービスを展開。全国各地で自主上映会が活発化して地方活性化に貢献しているほか、配給元で死蔵されていた過去の名作が再び日の目をみるきっかけともなっている。

カルトムービー上演

東京・三鷹駅近くの「カフェ ハンモック」では、ハンモックや座椅子でリラックスするほか、床に寝そべって映画を観賞し、暗がりの中で眠ってもいいという趣旨の一風変わった「いねむりシアター」という自主上映会が開かれた。日頃の仕事や人間関係に疲れた人にリラックスを提供しようと、約20人を集めて上映された。

ランキング

  1. 三菱電機不正拡大 製造業、相次ぐ品質面の不祥事

  2. ロシア国債デフォルト秒読み…でも意外に効いていない制裁の現状

  3. クルマをくつろげる団らんの場に 旭化成が次世代コンセプトカー披露

  4. 西武の「黄色い電車」が減る 無塗装車両へ入れ替え

  5. 「第三のソーダ割り」サントリー“翠ジンソーダ缶”好調。2ヵ月で1,400万本出荷[Sponsored]

  6. 三菱電機品質不正、148件に拡大 管理職関与は15件

  7. 大阪で初「鉄道技術展・大阪」開幕 GPS活用「自動車内放送装置」など展示

  8. 【経済インサイド】マイナポイント、クレカ会社が不参加表明 背景に政府との溝

  9. 東芝買収、官民ファンド「投資機構」が検討

  10. 日本、観光ランク世界首位 インフラや文化に高評価

会員限定記事