忍者姿で文化発信を要望 三重県知事や自民党議員らが安倍晋三首相に - 産経ニュース

メインコンテンツ

忍者姿で文化発信を要望 三重県知事や自民党議員らが安倍晋三首相に

忍者姿で文化発信を要望 三重県知事や自民党議員らが安倍晋三首相に
忍者姿で文化発信を要望 三重県知事や自民党議員らが安倍晋三首相に
その他の写真を見る (1/3枚)

 安倍晋三首相は12日、伊賀忍者で知られる三重県の鈴木英敬知事らと首相官邸で面会し、忍者文化の海外発信について申し入れを受けた。同席した自民党議員を含め、来訪者は忍者の衣装に身を包んでアピール。首相は「東京五輪などを忍者文化を活用して発信したい。観光のコンテンツにしたい」と意欲をみせた。

 要望では来年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会や2020年東京五輪・パラリンピックでの忍者文化活用を求めた。鈴木氏は面会後、記者団に「世界が日本に注目する好機にオールジャパンで忍者を発信したい」と強調した。