革新機構 世耕経産相会見詳報(2)

「白紙委任しているわけではない」「報酬面、ガバナンス面でズレが埋まらなかったことに尽きる」

 「やはり大きな方針と、それぞれ運営されるファンドについては、われわれは国会にも説明しなければいけない、国民にも説明しなければいけないという意味では、一定の透明性ということが前提になっていた」

 「ただ、例えば孫ファンドということになり、少し透明性に問題があると認識をせざるを得ない面も出てきた。われわれは白紙委任をしているわけではない。国民のお金を投資してもらっているという立場から、やはり一定の説明責任、透明性というのは求めたいというのがわれわれの立場であって、孫ファンドまで作ってそこから先は全く国が見えないということは想定していなかった。報酬面、ガバナンス面、大きくはこの2点において最終的に経産省とJICのズレが埋まらなかったということに尽きるのではないかと思っている」

会員限定記事会員サービス詳細