ひなちゃんパパの家族レシピ

フルーティーピクルス

フルーティーピクルス
フルーティーピクルス

忘年会やクリスマスなどパーティーシーズンがやってきました。腕によりをかけて料理を作るつもり。でも、台所にこもりがちでみんなと盛り上がれなくて寂しいんですよね。作り置きが利いて、ちょっと気も利いてる、なんて一品はないかな?

「カラフルな食材でピクルスを作るのはどうかしら? お肉料理の付け合わせや箸休めにも重宝するわ」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生の提案で、野菜と果物を組み合わせたおしゃれなピクルスを作ることにしました。

使う酢はワインビネガーやリンゴ酢がいいな、と思いきや、わが家にあったのは米酢…。すかさず江上先生が持ってきてくれたのはオレンジマーマレードでした。「ピクルス液に加えて、フルーティーな風味に仕上げましょう」

野菜は小タマネギ、キュウリ、パプリカを、果物はリンゴとカットパインを用意。まずちっちゃな小タマネギは電子レンジで加熱します。そのほかは、パインを除いて塩を加えた熱湯にさっとくぐらせます。マーマレードを加えたピクルス液を一度煮立たせ、冷ましてから具材を漬けて1日冷蔵庫に入れておけば出来上がりです。これならパーティーの前日に作っておけますね。

「3、4日は日持ちするの。ジャムはイチゴやリンゴなどでもOK。セロリやカリフラワー、かための柿を漬けてもおいしいわ」と江上先生。