話の肖像画

漫画家・水野英子(79)(4)全力を振り絞った「ファイヤー!」

私はいつも何かを解禁しちゃうんですよ(笑)。これが出た後にレディースコミックなどでベッドシーンと裸が描かれるようになり、今の美少年ものも「ファイヤー!」がなければ遅れていたと思います。「星のたてごと」(35年)は男女の恋愛、ロシア革命を題材にした「白いトロイカ」(39年)は歴史ものの最初とされていて、これらのジャンルを開拓したのは私です。

男性ファンが一気に増えました。サイン会でも、開始前に待ち構えてくれていたのが全員男性だったり(笑)。ただ、「ファイヤー!」以降、出産したために次の作品を描けなかったことは、本当に残念でした。(聞き手 鵜野光博)

(5)へ進む