拾得物情報を悪用 元巡査ら「OS」と隠語 大阪地裁で初公判

 大阪府警の元巡査が拾得物の情報を知人らに教えて現金を詐取したとされる事件で、地方公務員法違反と詐欺の罪に問われた元巡査ら3人の初公判が27日、大阪地裁(海瀬(かいせ)弘章裁判官)で開かれ、3人は起訴内容の一部の64万円の詐取について認めた。残りの起訴分は次回以降に審理予定。

 地方公務員法違反罪などに問われたのは府警南署警備課の元巡査、小林崇隆(むねたか)被告(24)=懲戒免職。詐欺罪に問われたのは会社員、川崎峻吾(しゅんご)被告(25)と建設作業員、中野嵐(あらし)被告(25)。

 検察側は冒頭陳述で、小林被告が平成29年秋ごろ、

府警の遺失物管理システムで拾得物の情報を得て現金をだまし取ろうと考えるようになった、と指摘。落とし主になりすまし現金をだまし取ることを「落とし物最高」の隠語として、「OS」と呼び合っていたとした。

 起訴状によると、小林被告は今年3~6月、システムを悪用して得た情報を川崎被告に漏洩(ろうえい)。川崎被告や中野被告は4~6月、府内の警察署で現金を落としたと嘘の申告をし、計64万円をだまし取ったとしている。3人は同様に計53万円を詐取したとして追起訴されている。

会員限定記事会員サービス詳細