大阪万博開催へ 日本でも歓声「関西、弾みつく」

2025年国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決まった24日未明、大阪市内で投票を見守った政財界の関係者からは悲願達成に歓声が上がった。「よくやった」「関西が盛り上がる」。歓喜の輪が一気に広がった。

市内のホテルで開かれたパブリックビューイング(PV)には、誘致活動に関わった政財界の関係者ら約300人が参加。午前1時前、大型画面に1回目の投票で日本が過半数を獲得したことが表示されると、「よっしゃ」の声が響いた。決選投票で大阪開催が決まると、会場は割れんばかりの拍手に包まれ「万歳」が繰り返された。

大阪府の新井純副知事は「今日から新しいスタート。25年に向けてさらに邁進したい」と喜んだ。大阪維新の会の中司宏府議は「万博には夢があると思う。大きな変化をもたらす」と期待を込めた。

大阪商工会議所の古川実副会頭(日立造船相談役)は「うれしいの一言。今夜は感動に浸りたい。大阪・関西経済の起爆剤になる。飛躍させ、上昇気流に乗りたい」。角和夫・阪急阪神ホールディングス会長も「いま関西は数十年ぶりに元気だが、これでさらに弾みが付く」と満面の笑みを浮かべた。

会員限定記事会員サービス詳細