2025年万博、大阪で開催 ロシア、アゼルバイジャン破る(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

2025年万博、大阪で開催 ロシア、アゼルバイジャン破る

 日本の開催テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。再生医療や再生可能エネルギーなどの最新技術を持ち寄り、健康で豊かな生き方とは何かを探る実験場とする構想だ。仮想現実(VR)や拡張現実(AR)といったテクノロジーを駆使し、空間や言語の壁を越えたイベントも検討。大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を会場として、25年5~11月の会期中に2800万人の来場、1・9兆円の経済効果を見込む。

 万博誘致は14年に大阪府市が名乗りを上げ、17年4月に閣議了解を得てBIEに立候補を届け出た。当初はフランス(パリ郊外)を含めた4カ国の争いだったが、今年2月にフランスが撤退。三つどもえの激しい誘致レースが繰り広げられていた。