エンタメよもやま話

2020年、中国が全人民を監視・ランク分けする国になるとのうわさ

 AI搭載型の街頭防犯カメラで人民の行動を逐一、監視し、ポイント制で人民をランク付けするという究極の監視社会が現実になっているのでしょうか。ポイントが減り、ランクが下がると日々の生活にどんどん不都合が生じる気がします。このシステムが全土に構築されるとすれば、2020年の中国は一体、どんな国になっているのでしょう…。 (岡田敏一)

     ◇

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。

     ◇

 ■毎週、日本を含む世界のエンターテインメントの面白情報などをご紹介します。ご意見、ご要望、応援、苦情は toshikazu.okada@sankei.co.jp までどうぞ。