市場流通しない「幻」の品種ただいま収穫期 「練馬大根」ご賞味あれ

 練馬区で栽培されている伝統野菜「練馬大根」が、収穫期を迎えている。生産量が少なく、ほとんど市場に出回らないことから「幻の大根」として知られるこの品種。身が締まって歯応えが良く、主にたくあんなどの漬物用として人気が高い。昭和30年代から生産が途絶えかけていたものの、区と地元農家の有志らが協力して増産に尽力。年々生産量が増え、今年は約1万4千本の練馬大根が生産された。(松崎翼)

 ◆一時衰退から増産へ

 練馬大根は全体が白い「白首大根」の一種で、長さは70~100センチ。約300年前に栽培が始まったとされ、昭和12年ごろは軍需用のたくあんの需要の高まりにより栽培がピークを迎えた。

 だが、干魃(かんばつ)や病気の発生、食生活の変化などにより、30年代から生産が衰退。練馬大根は一般的な大根に比べ2倍ほどの長さがあり、収穫に手間がかかることも重なってほとんど栽培されなくなった。

 こうした状況を受け、区は平成元年、JA東京あおばや区内の農家らと協力し、練馬大根の保存・育成事業を開始。希望者に練馬大根の種を毎年無料で配布しているほか、制限時間内に引き抜いた大根の本数や長さを競い合う「練馬大根引っこ抜き競技大会」を毎年12月に開催するなどして、練馬大根の魅力を発信している。

 ◆調理方法は多種多様

 今年は19農家が1万4200本の練馬大根を生産。販売は直売イベントなどに限られており、市場に出回ることはほぼないという。毎年約3500本の練馬大根を生産している渡戸章さん(84)は「練馬大根は短所がなく、どんな料理にでも利用できるし、ほかの大根よりもおいしい」と味に太鼓判。「いろいろな人に食べてもらえるよう、今後も魅力を広めていきたい」と話し、さらなるブランド化に向けて力を入れて取り組む考えを示した。

 また、収穫期に合わせて練馬区内のレストラン約10店舗では、練馬大根を使った特別メニューを期間限定で販売している。

 ホテルカデンツァ光が丘(同区高松)内の3店舗では、「練馬大根とポークスペアリブの土鍋スープ」(1600円)など計6品を提供。カフェレストラン「われもこう」(同区光が丘)では、「練馬大根スパゲティ」(700円)や「練馬大根カレー」(650円)を味わえる。いずれの店舗も売り切れ次第終了。

会員限定記事会員サービス詳細