万博トリビア(9)

記念公園、水族館、商業施設…跡地再整備で賑わい創出

広大な敷地に多くの入場者を集める万博会場は、閉幕後の跡地利用も重要だ。

1970年大阪万博の広大な跡地は、太陽の塔を残し、万博記念公園として再整備。万博の展示資料などを集めた「国立民族学博物館」も建設された。万博のアミューズメントゾーンを転用した遊園地「エキスポランド」はその後、大型複合施設「エキスポシティ」として再開発され=写真、新たな賑わいを創出している。

75年沖縄海洋博の跡地は「沖縄美ら海水族館」を含む海洋博公園に再整備。2005年愛知万博の跡地「モリコロパーク」では、アニメの世界観を表現する「ジブリパーク」が22年度に開業する計画だ。

韓国・大田(テジョン)で1993年に開かれた国際博覧会の跡地は「エキスポ科学公園」となり、周辺に研究機関や教育機関が進出。2010年の中国・上海万博の会場跡には昨年5月、世界の万博の歴史を振り返る「世博会博物館」がオープンしている。