現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

プーチン氏は法を恣意的に操る 北海道大学名誉教授・木村汎

北海道大学名誉教授・木村汎氏(川口良介撮影)
北海道大学名誉教授・木村汎氏(川口良介撮影)

「レニングラード(現サンクトペテルブルク)国立大学法学部出身」。ロシアのプーチン大統領はこの己の経歴を誇りに思い、しばしば自慢げに言及さえしている。しかしながら、氏は果たして法とは何かを正しく理解している法曹家といえるのだろうか。そのような疑問を抱かせるプーチン氏の恣意(しい)的な言動が目につく。

批准されていないものは無価値

まずロシア大統領に就いた2000年の初訪日時の共同記者会見でのプーチン氏の発言に、筆者は驚かされた。「あなたの大統領就任によって、エリツィン前大統領と橋本龍太郎元首相間のクラスノヤルスク合意、すなわち『東京宣言にもとづき2000年までの平和条約締結に全力を尽くす』という約束は一体どうなるのか」

ランキング

  1. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【産経抄】5月21日

  3. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  4. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  5. 【浪速風】無関心を恐れよ

  6. 【経済プリズム】石油代替の新燃料 エネ調達網、技術力で強靱化 経済部編集委員・高橋俊一

  7. 【大阪正論懇話会】「日本政府は製造業を守れ」 加藤康子・産業遺産情報センター長

  8. 【記者発】ウクライナ侵攻とドラえもん 文化部・本間英士

  9. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  10. 【産経抄】5月20日

会員限定記事