華麗なる宝塚

柚香光「大きな出会いの作品になれば…」 宝塚花組全国ツアー

これまでダニエルは少し大人でクール、スタンは自由奔放と対照的なイメージを持っていた。そして過去に演じたスターたちはみなキャリア豊富だった。今回演じるのは自身たち、入団10年目の柚香と水美の同期コンビだ。

「先生が、背伸びして大人の男性を演じるより、等身大の若者の関係性を築いていこうとおっしゃって。そのままの私たちならではの作品を作りたい」

役柄の2人は、常にべったりと一緒にいるわけではないが、くされ縁がある。自身と水美も「あえて、言葉には出さないけど、確実に縁がありますよね」。下級生の頃から「2人で1セット」で、一緒に動き回ることが多かった。

「家が隣で、クラスも一緒で、習い事も一緒のライバルみたいな(笑)。ベタベタしていないけど、強いつながりがある。そこも出せたらいいですね」

また、究極に格好良い場面で構成されたショー「EXCITER!!」への思いも強い。2009年の初演時は入団1年目、花組に配属され、初出演した公演のショーだった。翌年の再演、昨年の全国ツアーと過去3回すべてに出演している。

「私が初めて男役として出演したショー。すごく思い入れがあります。どれだけ学年や作品を重ねても、すさまじいインパクトがある」。楽曲、振り付け、演出、構成、照明とあらゆるものが見事に融合された作品と感じている。

「最初にこの作品に出合えたのは本当に幸せですし、この思い出深き名作にまた、くされ縁の水美と出演できることはなんてありがたいご縁だろうと」

会員限定記事会員サービス詳細